--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.20

深イイ話・・・♪

11月20日(土)

以前に「深イイ話」でも紹介されていた話・・・

1年生の教科書に載っていて、今ちょうどこの話を勉強している

毎日、本読みの宿題で、この話を聞かせてくれています・・

クッキーを家族として迎えていなかったの時とは感じ方も違っていて・・

ちょうど男の子のお話で、たどたどしく読む内容を聞きながら毎日涙しています

そのお話とは・・・


ずーっと ずっと だいすきだよ

ハンス・ウィルヘルム著画
久山太市訳 


エルフのことを話します。
エルフは世界で一番素晴らしい犬です。
僕たちは一緒に大きくなった。
でもエルフの方が、ずっと早く、大きくなったよ。
僕は、エルフの暖かいお腹をいつも枕にするのが好きだった。
そして、一緒に夢を見た。
兄さんや妹もエルフのことが大好きだった。
でもエルフは僕の犬だったんだ。

エルフと僕は毎日一緒に遊んだ。
エルフはリスを追いかけるのが好きで、ママの花壇を掘り返すのが好きだった。
時々、エルフが悪さをすると、うちの家族はすごく怒った。
でもエルフを叱っていながら、みんなエルフのこと、大好きだった。
好きなら好きと、言ってやればよかったのに、誰も、言ってやらなかった。
言わなくても、わかると思っていたんだね。  

いつしか、時がたっていき、僕の背がぐんぐん伸びる間に、エルフはどんどん太っていった。
エルフは年をとって、寝ていることが多くなり、散歩をいやがるようになった。
僕はとても心配した。 僕たちは、エルフを獣医さんに連れて行った。
でも、獣医さんにも、できることは何もなかった。
「エルフは年をとったんだよ。」 獣医さんはそう言った。
間もなくエルフは階段も昇れなくなった。
でも、エルフは僕の部屋で寝なくちゃいけないんだ。
僕は、エルフに柔らかい枕をやって、寝る前には、必ず、
「エルフ、ずうっと、大好きだよ。」 って言ってやった。
エルフはきっと分かってくれたよね。

ある朝、目を覚ますと、エルフが死んでいた。
夜の間に死んだんだ。
僕たちは、エルフを庭に埋めた。
みんな泣いて肩を抱き合った。
兄さんや妹も、エルフが大好きだった。

でも、好きって言ってやらなかった。
僕だって、悲しくてたまらなかったけど、いくらか気持ちが楽だった。
だって毎晩エルフに、「ずうっと大好きだよ。」 って言ってやっていたからね。

隣の子が、子犬をくれると言った。
もらっても、エルフは気にしないってわかっていたけど、僕はいらないって言った。
代りに、僕が、エルフのバスケットをあげた。
僕より、その子の方が、バスケットがいるもんね。
いつか、僕も、ほかの犬を飼うだろうし、子猫や金魚も飼うだろう。
何を飼っても、毎晩、きっと言ってやるんだ。

「ずうっと、ずっと、大好きだよ。」 って。




このお話のテーマは・・

「相手が、人間だろうと動物だろうと愛するものに対して、
心のありったけで、「愛している」と告げてあげよう、
それは、日びの暮らしを暖めて、幸せにしてくれる、
そして、やがてやってくる「死」をいたずらに嘆くことなく、
愛の思い出が悲しみをもいやし、なぐさめをもたらしてくれるだろう」
と言うことだそうです

DSC01611_R.jpg


悲しくて考えたくはないけれど、別れは必ずやってきます・・

その時に後悔しないように限られた時間で、たっぷり愛情を注いで
ずっとずっと大事にして仲良く楽しく過ごそう・・と心に誓わせてくれる
深イイ話です

の心にもこの話から大切なものを感じ取ってほしいな

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://nanaandyou.blog18.fc2.com/tb.php/322-8f2cfd73
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
今朝ワンコとは別のことで泣いて、こちらにきて2度目の涙です。
いいお話を読ませて頂きました。ありがとう♪
めぐにも大好き!可愛いよと言ってるけど言い足りないくらいです。
10歳から年を重ねるごとに不安なことがひとつ・ふたつ増えて
考えたくないことをつい考えては涙になります。
これからも、ありったけの愛をめぐに注ぎたいと改めて思いました☆
またいいお話を聞かせてくださいね。
Posted by めぐchanまま at 2010.11.20 08:29 | 編集
本当ですね・・・
とってもいいお話ですね♪

私は 「愛されて愛する心をしる」
という言葉が大好きなんです
なんだか このお話を読んでたら思い出しました♪

いろんな人から 愛されることで 周囲の人 動植物にも 愛情を注げる人になれるんだって思います
成長すると あたかも 自分ひとりで生きてるように感じちゃうこともありますが 周りから どんにいっぱいの 愛情をもらってるのか・・・もらってきたのか・・・いつまでも忘れない人間でありたいと思います

小学生には ただの ワンコの物語りって思うかも知れないけど これを読んだ子ども達の心のどこかにずっとずっと残ってくれたらいいなぁって思いました

ルイ君にも しっかり 愛してるよ~~って伝えなくっちゃ!!!
Posted by rui dream at 2010.11.20 14:30 | 編集
涙せんが弱いので、途中から涙ぐみながら読みました(T_T)
とっても素敵なお話しですね。

お子さん達には、身近にクッキー君がいるから色々感じる事もあったと思います。
私も「ハロの好きだよ!」って今以上に言ってあげないと!

また、いい話あったら教えてくださいね^^
Posted by ハロとうちゃん at 2010.11.20 20:55 | 編集
とてもいいお話ですね。
読みながら涙がこみ上げてきました。
動物にも人にも、思いはちゃんと言葉や態度で
伝えないといけませんね。
これを読んでv-205くんも、
毎日クッキーくんに「大好きだよ~」て
言っているかもしれませんね。
ピノにも「とうちゃん」にも、「大好きだよ~」って
毎日ちゃんと言わなくちゃ(^^)

クッキーくんが着ていた「うさタン」、
ピノもお揃いにさせて頂いちゃいました(^^;)
クッキーくんのように可愛く着こなすには程遠いけど、
この着ぐるみ、とってもかわいい~ですね!
Posted by ピノかあちゃん at 2010.11.20 23:47 | 編集
v-22めぐchanまま様

こんばんは☆
心に響くお話でしょ~??
子供にはこの話の深~い部分までは伝わらないと思うけど、
きっと優しい心を持ってくれると信じています^-^
めぐちゃんを見ていると、いつもありったけの愛情をもらって
私ももっともっと見習わなくっちゃと思っています^-^


Posted by クッキーママ at 2010.11.21 20:15 | 編集
v-22rui dream様

「愛されて愛する心をしる」
いい言葉ですね・・
私も、どれだけ周りに愛情をもらって
支えられて生きているか・・忘れないようにしないと・・^-^

少し小学生しかも一年生にはこのお話の深い部分までは
理解できないだろうけど、
この物語を通して、優しい心が育ってくれることを信じています♪

ルイ君を見ているとたくさんの愛情をそそがれて育っているので、
私も見習わなくちゃ・・と思います^-^

Posted by クッキーママ at 2010.11.21 20:21 | 編集
v-22ハロとうちゃん様

いいお話でしょ~??
「深イイ話」でも全員一致で認定されていましたよ^-^
チョット小学生には難しいでしょうけど、
v-205は毎晩こっそり「だいすきだよ」とクッキーに言って
やっているそうです^-^
優しい心が育ってくれているんだなと信じています♪
Posted by クッキーママ at 2010.11.21 20:24 | 編集
v-22 ピノかあちゃん様

いいお話ですよね♪
小学1年生には深い部分までは理解できないだろうけど、
v-205はこっそりクッキーに「だいすきだよ」
と言ってやっているようです^-^
私も見習って、毎日ちゃんと言葉に出して
伝えるようになりました~

見ましたよ~ピノちゃんのウサギ姿v-10
可愛かった~♪
でも、何でこの服を着た最初って固まるんだろう??
クッキーもそうでした(笑)
同じ姿に笑ってしまいましたよ~
Posted by クッキーママ at 2010.11.21 20:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。